「今の自分に出来る事は何か?」を考える、見つけては取り組む H29 6月 月間賞表彰者発表!

「今の自分に出来る事は何か?」を考える、見つけては取り組む H29 6月 月間賞表彰者発表!

月間賞とは

ネクステップでは毎月プレゼン大会をし、
様々な観点から注目すべきスタッフを
推薦によってその月に1名選出し、表彰を行なっています。
(月間賞には副賞もあるんです!)

 

ここでは、表彰者を紹介します。
仕事に対する姿勢や考えかたなど、参考にされてくださいね。

 

受賞者はどんな人?

7月は人事広報戦略室の2名が選出されました。採用の節目となる7月。内定者を計画通りのスケジュール、そして予定を上回る内定を出せたのは、2月に入社したての吉田と共に素晴らしい連携プレー成果です。
内定者確保に四苦八苦の昨年と打って変わり、当社のブランディングから考え直した長期戦でしたが、来年の貴重な戦力をゲットした二人に拍手!!

 

平成29年6月の月間賞表彰

人事広報戦略室 吉田 亮(よしだ りょう)

 

推薦者:福岡部長、水田主任長、西主任、平井主任、鐘江主任

 
【決定理由】

 今年2月、採用シーズンに颯爽と入社した吉田社員が初の月間賞に輝きました。彼のこれまでの経歴は、福岡市出身で、東京、千葉、長野、宮城など各地を飛び回りながら人材ビジネスのノウハウを身に付け、年間数百人規模の採用をする医療グループ本部でも人事を務めてきました。人材強化を図る人事広報戦略室の即戦力としては、うってつけの人物です。

 
 入社初日(2/1)から、学生との交流イベントに参加。鐘江主任が学生に語ることを通して、ネクステップのこと、ネクステップ流の学生との関わり方、そして今の学生がどのような思考でいるのか、など多くの事を吸収していました。ただ理解するのではなく、「今の自分に出来る事は何か?」を考える、見つけては取り組む、そんな姿勢で早期から着実に戦力になっていきました。6月に学生4名の内定を得ましたが、実直、丁寧、考えながら業務を進める吉田社員の仕事ぶりは、まさしく影の功労者です。連絡不通・ドタキャンなども頻発する学生とのやり取りでも、粘り強く取り組み、面接官となる社員、幹部、社長にも、細やかで要点をついた学生の説明を行い、新しい採用のカタチを作ろうとする鐘江主任の意向にも応える。どんな状況でも丁寧に取り組む安定感があったからこそ、今回の成果につながったのだと言えます。

 
 採用活動では、社長や企業理念への深い理解がなければ、誰かに語る事など出来ません。在籍が短い彼は、不足を補うため、色んな社員と関わっていきました。その関わりの中で、この社員の良い行動にはすかさずスカイブルーカード(以下SBC:良い行動をした社員に感謝や賞賛を表明するカード)を贈り、各部署・各社員の良いところを見つめていきます。(なんと6月だけで17枚ものSBCを贈っています。)

 
 褒める意識が希薄な日本人。意識しないと見えないのが他者のよいところ。少しでも感謝の気持ちを伝える文化を社内に根付かせたいという思いで、社長が導入したこの制度を、彼は誰よりも活用しています。社長の思いを汲み取って実践するそのひたむきさは一切表に出さない彼ですが、社員全員はしっかりと見抜いています。

参考になったらみんなにシェアしよう!

エントリー

今回は日時が合わないけど、次の説明会やイベント情報を受け取りたいかたは
こちらからエントリーをお願いします!

メールで

ネクステップ新卒採用facebookページ